しんにょう

最近娘は「しんにょう」の部首がある漢字を覚えました。 ズバリ言うと「週」です。 娘は以前から「しんにょう」の書き方に苦労していて、下に伸ばすところが特に難しそう。 そういえば私も娘の年の頃、結構苦労したなぁ…とやけに懐かしい想いにかられながらも何度も書いてみせたのですが、どうもそのコツをいまいち掴んでいない様子です。 また娘は「次週」を「自習」と全く同じ読み方で読み上げるので、私は毎回ドリフのズッコケを遺憾なく披露しています。 そろそろいかりや長介さんの「だめだこりゃ」で締めくくりたい気分です。おやすみなさい。

あらすじ?感想文?

娘がネットでアニメを観たいとせがんできました。 まぁ午前中一生懸命勉強したし(目下こちらスクールホリディです!) ちょっとなら良いかと思って 「じゃ終わったら感想文を書いてね」 と伝えました。 たっぷりアニメを堪能した娘。 早速感想文を書き始めました、と言うか私が結構催促しました。 出来上がった感想文。 案の定、単なる「あらすじ紹介」でした。 あー、なるほどですな。 うん、超想定内だわ。

続きが気になって仕方がない

私が作業をしている横で、パパと一緒に別室に用を足しに行った娘。 去り際に 「あのね、○○、ほんと~~~~に、この続きが気になって気になって、仕方ないんだよね!」 何が一体、そんなに気になるのか。 その対象に目をやると 音楽にのって愉快に踊っているエルモの姿でした。

選択科目

娘の学校で選択科目が次の学期から導入されるみたいです。娘が申込用紙を持って帰って来ました。 科目って言っても日本の高校みたいに「数1~3」か「基礎解析・代数幾何・微分積分」を選択するようなシリアスさはなく、至って小学生が選択しやすい内容だったりします。そう、今書いていて適切な表現を思いついたのですが、小学校のクラブ活動みたいな、ホンワカしたものだと読んでいて感じました。 6つの選択科目があって、娘が出した3つの希望は上から「裁縫」「科学」「工作」。必ずしも第一希望になるとは限らないそうですが、どれ選んでも娘は楽しいだろうなと思っています。 さてどうなることやら。

朝から冷える

娘を学校に送った帰りに大きな道路沿いを歩いていたら、背後から大音量で歌が流れてきました。 どうやらそれは道路を走る車から流れてきており、それがトラックかダンプのような車だと、私の背後の視界ぎりぎりで分かりました。 2車線ある内の奥側に車が位置していたのに、大音量で聞こえてきたということは相当に大きな音で流していたのでしょう。 そしてその音楽は、正にディズニーランドのホーンテッドマンションで流れるような、おどろおどろしいコーラスのよう。大人数の混声で歌われている、あの聴いていて背筋が凍るようなあのコーラスです。 「こりゃまた心も冷えますな。。。」 と独り言を呟きながら通り過ぎるそのトラックを見送ったら、 本当に冷凍貨物車でした。 朝から本当にありがとうございました。  

襟元を正された

こういう方をあまり見たことがないので、こんな方もいたのね…と思いながら、次の瞬間その青年の着ているトレーナーに何故か目が行きました。 面白いことに頭が詳細に認識しないうちに、その文字だけパッと目に入ってきたんですね。 なんだろうとよく見てみると、そこには漢字がプリントされていました。 なるほどだからそれを無意識に拾ったんだ…と我ながら感心。でも全部を確認出来なかったので、その次のタイミングで再度確認しようとしたところ、そのトレーナーにはかなりの卑猥な言葉が書かれていました。あまりに卑猥なのでかなり引きました。 日頃使っていない言語にどこかしら憧れを持ってしまうのは、どこの国でも一緒なんだなと思うのと同時に、書かれている文字の意味くらいは調べておこうと、むしろ私の襟元を正された気がしました。はーくわばらくわばら。

ブレス製作

娘がプチ体調不良なので本日は家でゆっくり。 久しぶりにブレスを作りました。 実に3年以上ぶりです。 ラブラドライト&アメジスト&ラリマー ラリマーさざれ の2本。

ぷんぷん

海外生活が長かった友人に 「こっちに来てから色々食べ物が美味しくて、だいぶ太った」 と溜息交じりに言ってみたところ、 その友人は何言ってるのよ!と言わんばかりにお腹を押さえながら 「私なんてさ、もうお腹ぷんぷんよ~!」 お腹ぷんぷん! 実に新しいです。 パンパンは良く知られていますが、ぷんぷんとはこれ如何に。 私の脳内で、ほとばしる衝撃が走りました。 今年日本で確実に流行るだろうと睨んでいます。

エジプトへ

登校中娘は私にこんな事を聞いてきました。 「ママは小さい頃、何が好きだった?」 「ママはなぜなにが好きだったかな~」と答えると 娘も興奮気味に大きく同意してくれました。 更に娘はこう続けました。 「○○はね、エジプトに興味があるの」 「エジプトの謎とか…」 「あのほら、三角形のあるでしょ?正三角形(注:最近覚えました)のあのほら。」 「ピラミッドのこと?」と私が言うと 「そうそれ!!あそこの中に入ってみたい~うーん、ワクワク!!」 と娘は、それはそれは興奮した表情。 「ママはね、もうちょっと大きくなったくらいかな、ギリシャにとても興味があってね。行きたくて行きたくて、だから大きくなってお金を稼ぐようになってから、お金を貯めてギリシャに行ったんだよ。すっごく綺麗で見たことのない景色ばっかりで、今でも忘れられないよ。」 その話を聞いてビックリする娘。 「出来るかなぁ…」と漏らしました。 まだ自分でお金を稼ぐという感覚が全くないから凄いことだと思っているのでしょうね。 「出来るよ、お金貯めればみんな行けるよ。」 「だからね、大きくなってお金貯めて、エジプトに行くといいよ。他の国に行くのは本当に面白いし勉強になるから。」 ちょっと前向きになる娘。 「エジプトは英語は通じるのかなあ…」と。 ここで英語は通じるのかなあと言ってしまうあたりがもう私の幼少の頃と全く違います。 「でもエジプトに行くのは1人で行かないの。ママとパパと一緒に行くの。そのお金は全部○○が出すの!」 何ともまあありがたいお話です。 「そうだね、そしたらいっぱいお金稼げるお仕事について、お金貯めて招待してよ」 と冗談交じりに返すと 「うん!あのね、お医者さんになろうと思って!」 なるほど! これから親グループは資金集めに頑張ります!!

もちもちパン

大豆粉とタピオカ粉で作ったもちもちパン。 味としては予想を裏切らず炒り大豆に似ています。 香ばしくて美味しいです。

分からず頷く娘

算数の授業のときに娘の隣に座っている男の子と他の男の子がお喋りをしていて先生に怒られたんだと、下校中に娘から聞きました。 「それで先生怒っちゃってさ~」 「他の生徒に勉強中にこの2人が話していたらみんなどう思うかって、先生が皆に訊きだしたんだよね。」 「でね、自分の番になってこう答えたの。」 「Here comes a growl from the teacher!」 「そしたらみんなで大爆笑!!」 言い切って満足げな娘の顔に、うっすらと思い出し笑いの表情もありました。 「なるほどねぇ」 「みんな笑っちゃったんだね」 「大爆笑だったんだね~」 と私。 そうそう!と笑いながらそれはそれは調子よく頷く娘に、 私は更にこう続けました。 「まるでショウテンみたいだよねぇ~!」 「うん、そう!!」 「え。ショウテン…」 そしてどういう事か考え込んだ娘。 しめしめ。年の功の勝利ですな。