喉がやんわり

バスに乗っている時のお話です。 寝ているパパを見て娘が 「あはっ、パパの喉がやんわりしている」 喉がやんわり、という表現はこの人生の中で一度も聞いたことがありません。一体どういう事なのかと訊いてみると 「喉がモコモコしてるってこと」 と、理解のない私に少しイラつき気味。 理解がない母親で申し訳ないのですが(笑) そのモコモコっていう状態も、さっぱり分かりませんでした。 「そのモコモコって、どれを指してるの」 と訊くと、娘がパパの喉の一点を指さして「あそこ」と。 その指の先には、喉の突起がありました。 男性には必ずあるあれです(喉仏っていうのかな)。 「あれは綿がたくさん詰まっているの」と娘。 なるほど、綿がたくさん詰まっているからモコモコなんですね。 あるタイミングで喉仏が下に移動したのを見て娘大興奮。 「モコモコ玉が下がった!!」と身体を揺すって喜んでいました。 そんな娘の喜びを全く知らず、静かに寝続けるパパ。 これこそ静と動。親子の夢の共演を見た気がしました。 夢見ているのはパパだけですが。