文学週間とTerm3終了

ここ数週間続いていた文学週間も最終週となり、学期最終日の今日は、生徒は制服の代わりに、文学作品に出てくる人物の服装をして登校するという日だったようです。 昨晩それを娘から聞かされて、全くの「寝耳に水」状態であり、何ら用意をしていなかった私は、とりあえず「赤毛のアンの服装っぽいような感じの誰か」みたいな洋服を着させて学校に連れて行きました。 学校には沢山のヒーローやプリンセスや人間以外の生き物が。 中にはレゴの格好をした子もいました。あれは前が見えてるのだろうか…とちょっと気になったりもしました。 生徒達だけかと思ったら先生もフェアリーやら海賊やらの格好でした。 先生達もだいぶ楽しんでいる様子。 そして今日は学期最後の日ということもあり、金曜日定例の全校集会にて生徒達の表彰式がありました。 表彰される内容は様々なもので、もちろん学業優秀という子もそうなのですが、その他「ユニークな場所で読書をした子」「校庭でのヒーロー」等々も。 そんな全校集会。私は今回初めて参加したのですが、また日本のそれとは違ったモノだなと感じました。 なにより目をひいたのが、その進行役を生徒たちが行う事。見た感じ先生は補佐的な役割でした。何より子供たちがかなり楽しそうに過ごしていました。 こういう何気ない所から、子供の自主性って培われるのかもしれませんね。 今回表彰された娘、とても嬉しそうでした。 また選ばれると良いね。

教科書下巻受け取り

Japanese textbooks for my daughter given by Consulate General of Japan. I still remember I read this story in the Japanese language textbook when I was primary school in Japan. 娘の教科書の受け取りに行ってきました。 毎回思うのですが教科書の出来の良い事良い事。 日本は指導要綱と教科書が既に定められていて、全くそこに遊びがない事に疑問を感じることも多かったですが、こちらに来て数年たった今、 「日本の教育はベストとは言い難く問題は山積しているけれど、反面、これで受ける恩恵は大きかったかもしれない。当たり前にあったから気付かなかっただけで。」 と、ふと思ったりします。 どっちの教育も良い点・改善すべき点あるのですよね。 私なりの個人的な意見です。  

原宿の街ー日本

原宿の街、日本。 原宿の街、日本。 大切な事なので2回言いました。 Cotton onというこちらのジーンズショップ。 このページをよくよく見てみると、どうやらこの「原宿の街」は売れ筋商品らしいです。 日本人的な感覚から想像もつかないものが、案外売れたりするものなのですね。 感性の多様性をしみじみと感じます。 それにしても原宿バーガーといい、 何故こちらの人はみんな原宿が大好きなんだろう?  http://cottonon.com/AU/p/cotton-on-men/embroidered-bomber/9344943440808.html?utm_source=Facebook&utm_medium=Social&utm_campaign=socialcoa_130916_ausnz_embroideredbomber&utm_content=social

原宿の街ー日本

原宿の街、日本。 原宿の街、日本。 大切な事なので2回言いました。 このページをよくよく見てみると、どうやら売れ筋商品らしいです。 日本人的な感覚から想像もつかないものが、案外売れたりするものなのですね。 感性の多様性をしみじみと感じます。 それにしても原宿バーガーといい、 何故こちらの人はみんな原宿が大好きなんだろう?

成長する娘

While reading the book “ANNE OF THE ISLAND”(Japanese), she told herself giggling that Anne would marry Gilbert. She might be old enough to be interested in such a girls stuff. アンの愛情―赤毛のアン・シリーズ〈3〉 (新潮文庫)

今日の小学校

今日の娘の1日はこのような感じだったようです。 朝~1回目の昼食…英語の読書。ただし担任の先生をどこかのクラスと交換したらしい(理由不明) 1回目の昼食~2回目の昼食…Fabric(繊維)を丸めたり、水につけてみたり、色々な状態にさせてそれを確かめるような授業。日本で言うところの理科っぽい。 2回目の昼食~下校…先生(担任ではない)の誕生日なので、みんなで先生の誕生日祝い。 色々何だか理由が不明な所がありますが、この緩さが全くこちらならではですね!

今日の小学校

今日の娘の1日はこのような感じだったようです。 朝~1回目の昼食…英語の読書。ただし担任の先生をどこかのクラスと交換したらしい(理由不明) 1回目の昼食~2回目の昼食…Fabric(繊維)を丸めたり、水につけてみたり、色々な状態にさせてそれを確かめるような授業。日本で言うところの理科っぽい。 2回目の昼食~下校…先生(担任ではない)の誕生日なので、みんなで先生の誕生日祝い。 色々何だか理由が不明な所がありますが、この緩さが全くこちらならではですね!

飲茶

とっても美味しゅうございました。

ひよこ豆と娘の成長

前回お話したChick pea(ひよこ豆)。 ひよこ豆を少量のコチュジャンと白米と一緒に食べたらどうだろうと思い試してみたら、案の定裏切らない美味しさでした。 娘が私の真似をして「じゃあマスタードとひよこ豆は?」と提案してきたので旦那が試したのですが、残念ながら「不味くはないけれど、うーん、別でも良いよね」という結果に。 その意見が気に食わなかった娘は、コチュジャンで「旨い旨い」食べる私と旦那を横目にぶすくれた表情となり、最後には泣き出してしまいました。「ショックだったの!」と娘。 そんな娘に 「じゃあママとパパと一緒にコチュジャンで食べてみる?」 と提案したところ、少しだけ試してみたいという事に。 おそるおそる食べた娘。 その後顔をニンマリさせて「辛いけれど…美味しい♡」 その後はエンドレス「ごはんがすすむくん」状態でした。 辛い物も少し食べられるようになったことに娘の成長を感じ、また少しだけ寂しいような気にもなったりしました。 親は本当に勝手なものですね。

Chick pea ひよこ豆

我が家では何気に人気のあるChick pea(ひよこ豆)。 ペースト(フムス)にしても良し、そのままスープに入れても良しなのですが、フムスにするとパンないしはクラッカーのようなものが必要になるので、それ以外で、単体で食べられるような何か作れないかなと思って検索してみたらこんなアイデアが出てきました。 ・ひよこ豆のヨーグルトサラダ ・ひよこ豆と白米のご飯 ・ひよこ豆のカレー 単体で食べるというモノではないにしろ、許容範囲です。 とは言え、食事でヨーグルトを食べたいとは思わないし、ご飯に混ぜ込むのは結構頻繁にやってるし、カレーは娘が辛過ぎて食べられない。 考えた末、やっぱり現実的じゃないなという結論に。 それなら間食に何か作れないかなと思って調べてみたら、これまた様々なレシピが出てきました。 ・ひよこ豆をブラウニーに入れる ・ひよこ豆を餡子にする(甘くして食べる) ・ひよこ豆の汁粉 ・ひよこ豆のクッキー 美味しそうなのですが、ウチはがっつり甘い物を食べる訳ではないので、作っても腐らしそうだな…と言うのが正直なところです。 いや頑張ったら或いは腐らせずに食べきれるのでは?という考えも頭をもたげたのですが、頑張って食べるオヤツって何だ、という事が基本的にあるわけで。 うちのスタイルに合った料理って何だろう、間食でも美味しく、余ったら食事にも転化できるもの…。 色々頭を働かせて考えたら、結局茹でひよこ豆が一番なんじゃないかという結論になってしまいました。 なんだ茹でればいいのか( ゚д゚ )長々と考えて結局これなのか 文字通り「元の鞘に納まる」な感じですな。いとおかし、いとおかし。 感無量でおはようございました。