文学週間とTerm3終了

ここ数週間続いていた文学週間も最終週となり、学期最終日の今日は、生徒は制服の代わりに、文学作品に出てくる人物の服装をして登校するという日だったようです。
昨晩それを娘から聞かされて、全くの「寝耳に水」状態であり、何ら用意をしていなかった私は、とりあえず「赤毛のアンの服装っぽいような感じの誰か」みたいな洋服を着させて学校に連れて行きました。

学校には沢山のヒーローやプリンセスや人間以外の生き物が。
中にはレゴの格好をした子もいました。あれは前が見えてるのだろうか…とちょっと気になったりもしました。

生徒達だけかと思ったら先生もフェアリーやら海賊やらの格好でした。
先生達もだいぶ楽しんでいる様子。

そして今日は学期最後の日ということもあり、金曜日定例の全校集会にて生徒達の表彰式がありました。

表彰される内容は様々なもので、もちろん学業優秀という子もそうなのですが、その他「ユニークな場所で読書をした子」「校庭でのヒーロー」等々も。

そんな全校集会。私は今回初めて参加したのですが、また日本のそれとは違ったモノだなと感じました。
なにより目をひいたのが、その進行役を生徒たちが行う事。見た感じ先生は補佐的な役割でした。何より子供たちがかなり楽しそうに過ごしていました。
こういう何気ない所から、子供の自主性って培われるのかもしれませんね。

今回表彰された娘、とても嬉しそうでした。
また選ばれると良いね。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s