ひよこ豆と娘の成長

前回お話したChick pea(ひよこ豆)。 ひよこ豆を少量のコチュジャンと白米と一緒に食べたらどうだろうと思い試してみたら、案の定裏切らない美味しさでした。 娘が私の真似をして「じゃあマスタードとひよこ豆は?」と提案してきたので旦那が試したのですが、残念ながら「不味くはないけれど、うーん、別でも良いよね」という結果に。 その意見が気に食わなかった娘は、コチュジャンで「旨い旨い」食べる私と旦那を横目にぶすくれた表情となり、最後には泣き出してしまいました。「ショックだったの!」と娘。 そんな娘に 「じゃあママとパパと一緒にコチュジャンで食べてみる?」 と提案したところ、少しだけ試してみたいという事に。 おそるおそる食べた娘。 その後顔をニンマリさせて「辛いけれど…美味しい♡」 その後はエンドレス「ごはんがすすむくん」状態でした。 辛い物も少し食べられるようになったことに娘の成長を感じ、また少しだけ寂しいような気にもなったりしました。 親は本当に勝手なものですね。

Chick pea ひよこ豆

我が家では何気に人気のあるChick pea(ひよこ豆)。 ペースト(フムス)にしても良し、そのままスープに入れても良しなのですが、フムスにするとパンないしはクラッカーのようなものが必要になるので、それ以外で、単体で食べられるような何か作れないかなと思って検索してみたらこんなアイデアが出てきました。 ・ひよこ豆のヨーグルトサラダ ・ひよこ豆と白米のご飯 ・ひよこ豆のカレー 単体で食べるというモノではないにしろ、許容範囲です。 とは言え、食事でヨーグルトを食べたいとは思わないし、ご飯に混ぜ込むのは結構頻繁にやってるし、カレーは娘が辛過ぎて食べられない。 考えた末、やっぱり現実的じゃないなという結論に。 それなら間食に何か作れないかなと思って調べてみたら、これまた様々なレシピが出てきました。 ・ひよこ豆をブラウニーに入れる ・ひよこ豆を餡子にする(甘くして食べる) ・ひよこ豆の汁粉 ・ひよこ豆のクッキー 美味しそうなのですが、ウチはがっつり甘い物を食べる訳ではないので、作っても腐らしそうだな…と言うのが正直なところです。 いや頑張ったら或いは腐らせずに食べきれるのでは?という考えも頭をもたげたのですが、頑張って食べるオヤツって何だ、という事が基本的にあるわけで。 うちのスタイルに合った料理って何だろう、間食でも美味しく、余ったら食事にも転化できるもの…。 色々頭を働かせて考えたら、結局茹でひよこ豆が一番なんじゃないかという結論になってしまいました。 なんだ茹でればいいのか( ゚д゚ )長々と考えて結局これなのか 文字通り「元の鞘に納まる」な感じですな。いとおかし、いとおかし。 感無量でおはようございました。