風邪ひいてまんねん

My daughter catch cold and has fever of 38 degree. She looks tired and she doesn’t have a meal as much as usual. I hope she will get well soon. 娘が久しぶりの風邪をひいてます。さっき熱を測ったら38℃でした。 寒いというので厚着をさせ、夕飯には野菜・刻み生姜入りおじやを出したら、頑張って間食してくれました。早々にベッドに行く娘を見ると、やっぱり体調良くないのでしょうね。 布団に入ったら入ったで「ママ行かないで」と言うので、さっきまで一緒に布団の傍に居ました。気が付くとスースー寝ている娘。今晩もしかして熱が上がるかもですが、明日には落ち着いていますように。  

カードを貰い損ねて…

こちら大手スーパーにCountdownというお店があるのですが、そのスーパーは定期的に子供の気を引くキャンペーンをやっては、子供の力を借りて親に物を買わせようと企んでいます。 そして今回は”Movie Stars”というカードです。 20ドル買い上げ毎に貰えるという企画で、そのデザインはディズニーのキャラクターも多くあり、子供たちの心を更に釘づけにしています。 「絶対もらってくるからね。」 やたらめったら勝気な表情をしていました。 …そしてここまで宣言しておいて、結果的には1枚も貰えませんでした。 私が何も買わずに出ようと思ったからです。 それが分かった瞬間、ずっとFreefruit(子供向けで無料で頂ける果物)のバナナを頬張りながらノホホーンとしていた娘が、その表情を急激に曇らせ、最後には私の腰に顔を埋めながら 「パパに貰ってくるって約束しちゃったよおおお!!!」 「パパに言っちゃったよぉおお!!!」 顔を真っ赤にし、ボロボロ涙を流し始めました。 自分もカードが欲しかったけれど、同じくらいパパもガッカリするだろうと心配しているようでした。 帰宅しその一部始終をパパに伝えると、蒼白気味のパパの顔は瞬時に赤味が増し、娘を抱っこしては色々と愛情表現、瞬く間に蜜月の二人となりました。 娘はパパの小さな恋人とは、良く言ったものですね。

「話し」と「話」

「話す」という漢字を教えている時に、娘からこんな質問を受けました。 「なんで『立ち話し』と書くのに、訓読みは「はなし」になっているの?『し』は送り仮名じゃないの?」 なるほど、そう来たか。 実際に書きながら説明しました。 子供ってボーっとしてるようで、所々冴えていますね。 そしてCountdownの広告に書いてしまった私の適当さ加減が更に際立つ訳ですね( ゚д゚ )

ちゃんと食べてね

朝食時、パンを口に入れたまま、そしてパンを持ったまま動かないパパが私の視界の脇にいたので目を向けると、彼は静かに俗世間を離れ、別世界に旅立とうとしていました。 「あの。」 私は言いました。 「食べながらで、お願いします。」 横で一部始終を見ていた娘は、いつも言われている言葉を今こそ返せると、やや興奮気味に 「パパ!食べながらね!!!」 上述の私の言葉を遮るほどの勢いでした。 娘の態度に触発され、パパも隙あらば娘に 「ちゃんと食べてね!!」 ここからお互いに「ちゃんと食べてね」合戦です。 ちゃんと食べてね、の千日戦争です。 しんどいのにこういう娘との応戦は素で出来るあたり、 パパと娘の知能は大体一緒と言えるかなと思いました。

娘の工作(亀)

My daughter’s craft. She made tortoise. 娘の工作。カメさんだそうです。 本当に才能があ(親バカ自粛モード    

瀕死のパパ

常時衰弱状態の最近の旦那。 今日、学校から帰宅した旦那は、 更に歩を進め、明らかに瀕死状態でした。 何を話しても 「ハハッ、そうだね」と田原俊彦ばりの空笑いで返されたので、 「これが終わったら美味しいご飯を作ってパーティしたいね。私が作っても良いし、タップリ時間を掛けてゆっくりと作ってくれてもいいよ。そうしたら私がデザート担当になるわ。」 と声掛けしてみたのですが、 「そうだね、楽しみだなぁ~」 と言った旦那の顔があまりにも類を見ない白さで、 ともすれば半透明で空に半分同化しながら、雄大にみんなを見守りそうな勢いでした。 ボスケテ。

Japan Day

結局JapanDayに行く運びとなりました。 午後は混雑が予想されるので、午前中に手短に行って帰って来る予定で出かけたのですが…。 行くところ行くところ、お世話になっている方々に沢山お会いし、かなりお話が弾み、ついつい長居してしまいました。 娘が「話ばっかりしないで他に行こうよ!!」と不機嫌にならなかったら、もっと長居していたでしょう。ありがとう、娘。でも私はもっと話していたかったよ。 それにしても私の一番の収穫は、写真の通り本が格安で購入できたことです。 大体1冊1400円の本がなんと5ドル、他1000円近いものが2ドル等、1/2や1/3、それ以上の驚きの破格値。なんて素晴らしい!!! しかも購入した殆どの本は新品同様です。何故こんなに安く購入できたのかさっぱり分かりませんが、こんなに買えて心底幸せです。 本の売店の女性の方と少しお話したのですが、会場直後、人が多く押し寄せては沢山の本を購入していったそうです。そして大人向けより子供向けの本が飛ぶように売れたそうです。 私達も娘の本購入目当てで早めに来たのですが、皆さん思う事は一緒、そしてやはり上には上が居ました。まだまだ読みが甘かったようです。いやはや口惜しいです。 帰宅後、一目散に居間に行き、いそいそと購入した本を取り出しては、黙々と読み出した娘。こんなに本が好きな子に育ってくれて、本当に嬉しいです。そしてそれ以上に私が大喜びです。こんなにたくさんの本に囲まれて。 来年もJapanDayに絶対に行きます。 開場10時より前に着こうと思います。絶対に。 そして私のこの長い駄文を、予想以上に多くの方が読んでくださっていることが分かり、ビックリするやらありがたいやらです。これからも駄文を連ねることに日々精進していく所存でございます。

マッチョ

数日前から旦那が体幹トレーニングを始めました。 いつまで続くか分からないけれど、例え数日だとしても全くやらないよりは全然良いですよね。 たかがまだ数日、それでも早速何やら効果が出たようです。 常時衰弱状態の旦那がその一瞬キラキラした目つきを見せ、 「お腹周りがちょっと引き締まったかも」と言っていました。 その時の表情はまるで乙女の初恋の時のよう。 トキメク心って大切ですよね。

なんで羊

娘が先日、 「なんで日本のお金の前に羊があるの?」 と訊いてくるので、どういう意味かよくよく聞いてみたら ”¥” このことだった。

娘を出産した時に買ったジーンズが…

私の愛用のジーンズが相当に紫外線を浴びかなり色褪せ始めている。しかも日に当たってない部分は日本に居た頃の色を保っているから、あちこち色ムラが出来てしまっている。 その上数ヶ月前、膝の部分に穴が開いてしまった。この数年間の膝部分の摩耗は相当なものだったのだろう。その箇所にパッチを当てたが、今朝、反対の膝に小さな穴を発見してしまった。 もうこれはお役目終了かと思ったりもするが、このジーンズは娘が生まれた年に買ったもので、その年数だけ様々な思い出が詰まっていたりする。それを簡単に捨てることはやっぱり出来ない。 しかしもう長くは履けないだろうなぁとも思う。思いながら履いている。 このセンチメンタルジャーニーをどうしようかという。 何気なくユニクロのサイトを覗いてみた。 私があまり見なくなっているうちにジーンズの流行が様変わりしたようで、私の大好きなブーツカットが全く見当たらなくなってしまっていた。 あるのは目下流行のスキニーフィットか、オーソドックスのストレートだった。 時代はスキニーかもしれない。しかし私の永遠の主流はブーツカット、フレア、もしくはベルボトムだ。それ以外は考えられない。 ユニクロさん、暫くさようなら。また会う日まで。