二郎

食事中「一郎」という名前の話になり、娘が「どう書くの?」と訊いてきました。

パパが「一郎って、一郎・二郎みたいに、昔からあるよくある名前でね、『いち』は数字の一で、『ろう』はうーん、なんて言ったらいいのかな…」

「じゃ『じろう』ってどう書くの?」と娘。
「『じろう』は『じ』が数字の二になるだけだよ」とパパ。

二を「に」ではなく、「じ」と読むことに付いて、あまり納得しない様子の娘。
「…いっそのこと文字の『字』にしてくれたらいいのに!」

「なるほど、じゃ『ろう』はどうやって書いたらいいと思う?」
と私が訊くと、娘は自信たっぷりに

「ひらがな」。

字ろう。

新しい響きです。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s