胎内記憶と娘

先日から池川明先生の本を読んでいます。 https://www.facebook.com/seapara.akira 私の場合、娘が色々と不思議なことを言うのがきっかけでこの方を著書を読むようになりましたが、今回お借りして読んでいるこの本で、一つ気が付いたことがありました。 娘は5歳くらいまで、生まれた時の事を話す度、 「ママのここから出てきたの」と、 私のお尻の間をポンポンと手でたたいていました。 頑張ったんだよと得意げに。 これってどの子もそう言うんだと昨日まで思っていたんですが、違うのですね。 かなりビックリして娘にめちゃくちゃ久しぶりに訊いてみました。 「○○はお腹からどうやって出てきたんだっけ?」 娘は笑ってこう言いました。 「お腹を切って出てきたんだよ!!ジャーン!!」 すっかり忘れてしまったようです。 本によると胎内記憶は6歳になると劇的にその記憶が失われ、また子供によりその胎内記憶は話すたびに忘れていくことも多いと。 娘も私に話す事で想いを昇華したのかもしれませんね。 沢山話してくれてありがとう。娘。 いつか気が向いた時、私の記憶が消えないうちに、娘の言った不思議な話をどこかに記録しておこうかなと思います。