パパはお兄さんみたい

あまりにもパパが寝不足過ぎなので、今朝から珍現象が発生しています。寝ぼけて意識錯乱状態になり、娘にムッとした口調で何かを言ったようで、その後我に戻り平謝りのパパ。 そんな様子を見ながらニヤけた娘がこんなことを言いだしました。 「パパは、パパって言うかお兄さんみたい」 「お兄さんかあ~。」 「まぁ精神レベルが似てるからそれだけに年も近いってことかな」 「お兄さんって何歳くらいの?」 と聞くと、娘はにやけて 「う~ん、39歳」 _人人人人人人人人人人人人_ > 実年齢より老けた!! <  ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

ママの子

娘は工作や絵画がとても大好きなんですが、これはパパ譲りのもので、パパもそれを認めるところであります。 食事中、パパが急用で席を立ち部屋を出て行ったときに 「あのね、○○はハサミや糊で作ったり、絵を描いたりするのが大好き」 と娘。 「なるほど、そこはパパに似たんだね。」 と返すと、娘はいきなり不服そうな顔になりました。 「ママの子なの!!!」 「それは分かるんだけれど、そこはパパに似てるんだねってことだよ」 「ママに似てるの!!!」 「ママの子なの!!」 娘は激しく主張しだしました。 そういって頂けるのはありがたいのだけれど、 何か私が否定するようなことを言ったのか気になっています。 そうでないと良いのだけれど。 娘を見てると、子供のその愛情表現のストレートさは 椎名林檎さんの「ここでキスして」の歌詞と同レベルだなと多々感じます。というか出産後、あの曲は「小さな子から親への愛情表現の歌」にしかどうしても聴こえません。独身の頃は微塵も思ってなかったのに。 親フィルターすごす。 ——— 今日のちなみショー。 男親は自分の娘と遊ぶ時は大体からかって遊ぶ気がする。 しかしやりすぎると娘は本気で怒りだすので注意が必要。

四六時中

そんな彼女が最近「四六時中」という言葉を覚えたようだ。 そして夕飯時にこんなコトを言ってきた。 「パパは『四六時中』ご飯を食べる時って、いつも白米なの?」 「( ゚д゚)?」とパパ。 「( ゚д゚ )<そりゃパパはしょっちゅうご飯食べてると言われたらそうかもしれないけれど」 よくよく娘に話を聞いてみると 「四六時中」を「いつも」と同じような意味合いで使っていたとのこと。 よく意味を知らない、けれど使いたい。使ってみる。 娘のこの姿勢は本当に可愛らしい以外、何物もないのだけれど、 これって結構、言語習得の基本だったりする。 言葉は使ってなんぼの世界だから。 子供が言語習得に長けていると言われる所以は、まさにここにあるのだろう。もちろん耳の感度が高いというのも絶対的にあるが。 子供は色んなところで言葉を吸収していく。 だから周りの大人たちは相応しい言葉を使う必要がある。 もちろん学校で吸収していく言葉も多分にあるのだけれど。 —- という事で、今朝もいい天気です。 そして寒いです。おはようございます。

アレグリア

私が独身だった頃、友達と一緒にこれを観に行きました。 その晩は興奮がなかなか冷めず、なかなか寝付けませんでした。 これはアレグリアであって、私が観たアレグリア2とは多少違えど大きなものではなく、私もこのDVDを持っています。 最近娘にこれを観せたらものすごい食いつきようでした。素晴らしいものは言葉が要らないし、どの年代の人の心をも打つのだろうと感じました(あっ、音に敏感な乳幼児は除きます)。

雹が

雹が降ってきました。最近多いです。 遠くの空が青いのですぐ止むかなと思ったんですが、結構長く、雹が積もりかかっていました。 積もる雹って何。

きまぐれろ

大好きな「へんてこもりのきまぐれろ」を音読しながら、お尻をモゾモゾさせていた娘。 https://www.amazon.co.jp/%E3%81%B8%E3%82%93%E3%81%A6%E3%81%93%E3%82%82%E3%82%8A%E3%81%AE%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%81%90%E3%82%8C%E3%82%8D-%E3%81%B8%E3%82%93%E3%81%A6%E3%81%93%E3%82%82%E3%82%8A%E3%81%AE%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%97-%E3%81%9F%E3%81%8B%E3%81%A9%E3%81%AE-%E3%81%BB%E3%81%86%E3%81%93/dp/4034602600/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1502218385&sr=8-1&keywords=%E3%81%B8%E3%82%93%E3%81%A6%E3%81%93%E3%82%82%E3%82%8A%E3%81%AE%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%81%90%E3%82%8C%E3%82%8D それが結構長く続くのでどうしたのかと尋ねると、ちょっと苦悩の表情で 「お尻が痛いの」 「お尻の奥が痛いの」 と。 そっかあ。う~ん、もしかして不衛生による炎症かなぁ…。 痛いなら今のうちワセリンとか塗っておいた方が良いかなぁ…。 「今日お風呂に入ったら綺麗にしよう」 「それとも今ちょっと見てみようか」 「ちょっと寝転がってみて」 と私。 「さぁ出発だあ」と娘。 絵本の物語に夢中で、私の話なんて全く聞いていませんでした。 まぁそこまで痛くはないってことですな。 朝からありがとうございました。  

うるかす

旦那が「小さい頃、食後に父親が使い終わったお茶碗で飲むお茶がとても特別に感じられた。自分も飲みたかった」という話から、 「なんで使い終わったお茶碗で飲んだんだろう?」という話になり、 私が「ああ、きっと使い終わったお茶碗に、ご飯が少しだけ残ってるからうるかそうと思ったんかな(笑)」と言うと、 旦那がニコニコと、しかし何か確実に考えているような顔を数秒した後 「『うるかす』ってどんな意味?って言うか初めて聞いた」 「『ふやかす』なら知ってるけれど」 「うるかすって、ほら水に浸して…」と、何故知らないのか私も甚だ疑問に思いながら説明しようとした途端、ひとつの考えが浮かびました。 「これってもしかして方言とか…?」 娘の国語辞書を直後に開き、調べてみたら、やはり「うるかす」はありませんでした。 そしてネットで調べたら…ありました。 http://www.athome.co.jp/vox/jtown/town/32191/ 東北・北海道で主に使われる方言なんだそうです。 茨城は関東と言いながら結構しっかり東北なので、十分にこの範囲に含まれてるでしょう。 色々調べたら「駅まであるってく」とか「棒をおっかいて遊ぶ」とかもあまり理解されないとか。マジですか。ありがとうございました。

炊き込みご飯作りました

・オーストラリア産白米 ・オーストラリア産玄米 ・タイ産もち米 ・1キロ1ドルの特売で買った人参 ・鶏肉 なかなか美味しかったです。 家族にも好評でした。

Quidam

夕飯の用意などでどうしても相手が出来ないとき、ごくたまにこのDVDを娘に見せています。 娘はこのダンサーたちの動きにくぎ付けで、どうやってこんなスゴイ事が出来るのか不思議でたまらないようです。 ここには首がない大きな男性がメインで登場するのですが、娘はこの男性が一番不思議なようで 「どうして首がないの?」とちょっとおっかなびっくり。 「どうしてだと思う?」と聞くと「分からないから教えて!!」と。 娘さん。ママとしてはこれについては自分で感じ考えて、自分なりに答えを出してほしいなと願っています。 独身の時は毎回観に行っていたこの劇ですが、どうしても出産後は諦めざるを得ませんでした。とはいえ娘はやがて大きくなるでしょうし、いつか家族で一緒に観に行きたいと思っています。 場所は自宅ですが、これに興味を持って観ている娘をとても嬉しく思います。

寝落ち

何がなくとも、何となく幸せだなぁと感じるこの状況って、かなり幸せな状態にあると思ったりします。 と同時にグルテンフリーを謳う食品が多いのなら、いっそのこと主食を米にしたらいいのにな~とおもう今朝であります。お米ラブです。ありがとうございます。そして昨日は娘と一緒に寝落ちました。

レモン再び

無農薬レモンとグレープフルーツ!!(゚∀゚)ヒャッハー

マイゴージャス

喉が痛いです。 風邪ひいたかもですが、敢えて否定しておきましょう。 「マイゴージャス!!」と言われると、それが娘に対してでも、何故か自分が勝手に恥ずかしくなるのは、やはり日本人だからでしょうか。 ゴージャスの概念が日本人と英語圏の人ではだいぶ違うんだろうなぁ。