B君にツンデレな娘の巻

写真は今日のお昼のパンです。 一個ないのが分かると思いますが、娘が既に食べました。 ちなみにパパは蒸しパンを持って行きました。 そうです、2種類作ったんです…。 —- さて、昨日の娘は幼稚園から帰宅すると 「お手紙を書く!!」と言いだし 色んな人に手当たり次第に書きだしました。 娘の文章はまっすぐで、情熱的です。 とある男の子に宛てた手紙なんかは 「○○くん、かっこいいだいすき ○○くんも□□(娘の名)がだいすきなんだものね!」 情熱で押し倒さんばかりです。 実はこの文面、他の男の子、数名にも書いています。 これを読んだ男の子は、まさか他の男の子にも 同じ文面を書いているとは思わないんじゃないでしょうか。 まったく恋多き娘です。 そんな娘は、意中のB君にも手紙を書きました。 気になって覗いていたんですが、その内容があまりにも普通でした。 「○○くん、つみきあそびがうまいね、またあそぼうね」 あまりにも普通すぎるので、 「他の男の子にはいっぱい書いているのに、 何でB君には『だいすき』とか書かないの?書けばいいじゃん」 そう言うと、娘は途端にうつむいて、はにかみだしました。 …えっ?もしかして恥ずかしがってる?(母ビックリ) きっと娘は本当に好きな子には「好き」と言えないんだな。 たった4歳で異性に対して好きという感情を持つんだ… ビックリしました。 散々はにかんでいた娘ですが、 意を決したようで、何かを書きだしました。 見てみると 「Bくんは□□(娘)のだいのだいのだいのだいのたいせつ だいすきだいすき だいすきだいすき♡♡♡ Bくんはだれがすき?」 思いが強すぎて、 その勢いで3回くらいは押し倒せるほどの内容です。 今日、B君に手紙を渡しました。 B君は表情一つ変えずに 「えー、ぼくてがみよめないんだよー!」 そして仮面ライダーごっこを始めました。 男の子はシンプルですね。