娘ようやく幼稚園

先週の木曜日から発熱していた娘は、 咳や鼻水、胃痛から回復し、不機嫌な態度も影を少し潜め いつもの「能天気な、調子いい態度だけが取り柄」の娘にもどりました。 今朝なんて、走り込んでは「ハイッ」とか言って宮尾すすむのマネをしていました。 一体いつの時代の子なんでしょう。 ようやく今日から幼稚園です。 結局私自身何の体調の変化もなかったので (数日間ウツラウツラとしか寝てないので寝不足はあるものの) 胃腸風邪だったのか、 インフルだったのか良く分からず終わりました。 娘を送り出してから、 ようやく手つかずだった家の用事をこなそうと 考えてみたのですが…。 何を必死こいてやってたんだっけ…。 いや、確かに日々欠かせないものだったんです。 毎日あれこれとやってたんですが、一体何をしていたのか…。 ようやく自分のペースで動けるようになったのに 頭がまだ看病モードで、日々の生活に戻れなくなっています。 今日の私はダメダメな予感です。 Advertisements

蒸しパン2回目

今回はお見せ出来る写真になりました。 蒸しパン2回目です。 今回もチーズ入り蒸しパンですが 前回よりもう少し砂糖を少なくして作ってみました。 今回用意した材料は↓ (材料) 薄力粉:100g ベーキングパウダー:小さじ1 糖:5g(前回は10gで作りました) 塩:ひとつまみの半分 冷水:100cc あらかじめ蒸し器は沸騰させた状態で 手早くかき混ぜ、ささっと放り込むのがコツだそうです。 蒸し器の蓋は開けないのが良いそうです。 出来上がった蒸しパンを、娘はその小さな口で食べては 「もうちょっとチーズ欲しいよ~(‘A`)」 と言っていましたが (ごめんよ。看病していて買い出し行ってないのよ…) 食べは前回よりも良かったです。 やっぱり砂糖を少なくして正解でした。 娘はまだ咳が残っていて気になっていますが 熱も下がり、食欲も十分に出て来ました。 まだ些細なことで泣いたり怒ったりしますが 機嫌もだいぶ良くなってきました。 明日は良くなっていますように。

蒸しパンと英語であそぼ

今日は初めて蒸しパン作りに挑戦してみました。 娘が家に居るので、味の実験台になって貰いました。 先日FBのお友達に蒸しパンのレシピを教えてもらったので そのレシピの砂糖の分量を1/4にして、とろけるチーズを入れて 15分ほど蒸しました。 写真は撮りませんでした。 何故かはお察しいただけると幸いです…orz まぁ見た目はともかく。 娘は「甘くない(゚∀゚)!チーズ美味しい!」と 胃腸の調子がまだ良くない割には結構食べました。 そんな娘はのべつ幕なし私に当たり散らし かと思えば2歳児かと思うくらいに、 夕飯作ってるときに 「あっこあっこ(抱っこ、抱っこの意味)」 とせがみ 今日は早寝をしてしまいました。 娘が早寝なんてちょっとありえないです。 やっぱり体調不良なんですね。 明日はもっと良くなってるといいなと思います。 ———– 娘といえば、 目下「えいごであそぼ」で流れる歌 ”ROCK, PAPER, SCISSORS, GO!” http://www.youtube.com/watch?v=G3Ge_suIAeU が、娘のハートにヒットしているようです。 毎日この歌が流れると 「ラッ、ペチョー、シシュー、ジョー」 と一緒に歌いだします。 可愛すぎて親が笑いを殺すのに必死です。 音声が奇跡的にyoutubeさんにあったので、載せておきます。 (動画が無いのが残念です) この中でKIKOとERICが 宮尾すすむみたいな動作をするのですが、 娘はそれに一番感銘を受けているようです。 純日本人ですね。 宮尾すすむの動作ってなに??って疑問に思う方は 毎日平日朝と夕方にやってるので ぜひ見てみてください。 「ああ、宮尾さんだわ」って思うこと請け合いです。

娘発熱のお話…いまさら湧いてきた新たな疑問

娘が木曜日夜から高熱を出し、金曜日に診察に連れて行きました。 インフルの検査の結果「陰性」だという判断でひと安心し、 様子を見ていたのですが、 しかしながら看過できない症状があり「本当に陰性なのだろうか?」 と、今日一日考えていました。 その症状とは ・いきなり高熱(42℃)が出た後、土日39℃。 日曜日に37℃台まで下がったのに、今日また38℃越え。 ・近年稀にみる不機嫌っぷり ・あんなに元気な、元気の塊の娘が何度も「お布団でねんねする」という。 これは私からすればありえない事。 最近引いた風邪ではそんなことは一度も言わなかった。 ・2歳児かと思うくらいの抱っこ魔 ・かなりの食欲不振 ・酷い咳 そんな話を旦那にしていたところ、 (私は都合があり、小児科受診を旦那にお願いしていました) 旦那がさらりとこんなことを話しました。 「そう言えばインフルの検査して貰う時に『12時間経っていますか?』って聞かれたけど、まぁ10時間くらい?大体12時間かなって思って『はい』って答えた」 …さてこの検査結果の「陰性」は、どの程度信憑性があるのでしょうか!? そしてその娘から、 10cmほどの至近距離からここ3日間、直接咳を顔に受けている私ですが 今後どうなるのでしょうか!? これからが見ものです! ※ ちなみに私は生まれてから今まで一度もインフルにはなったことはないです。 そして娘は罹ったものとして、出席停止期間は休ませようかと思っています。

体調不良の娘と善哉

今日は娘が少し食欲が出てきたのと、 反面、手の込んだ料理を作っても効果薄だなと思うのもあり、 小豆を煮込み、もち米から餅を作り、 善哉を作りました。 ちなみにお汁粉と善哉って正確にはどう違うのでしょう。 私的には善哉は汁気のないお汁粉みたなイメージでした。 汁粉と善哉(ぜんざい)の違い http://home.tokyo-gas.co.jp/shoku110/shokuzai/656.html 見てみたら、あながち私の理解は間違っておらず安心です。 初めての手作りお餅に大興奮の家族。 娘も興奮気味に早く食べたいと言っていました。 これは消費が見込めるか!?と淡い期待を持ちましたが 娘は食べた瞬間 「甘い…」 「まだ慣れてないからまた今度にする~」 砂糖小さじの1/3くらいしか入れてないんですが…。 でも私も小さい頃小豆苦手だったから、気持ちは分かります。 何となく風味が甘そうな感じなんでしょうね。 娘は餅だけ終始ブツクサ言いながら食べ (美味しくないなら食べなくても良いとやんわり伝えたのですが『嫌だ食べたい』と) 小豆は親で美味しく頂きました。 ※ 念の為に娘の名誉のため書いておきますが、 いつもはこんな怒りっぽくはなく、 どちらかというと美味しい美味しいと食べる娘です。 明日は良くなっていますように。

ルイボスティゼリーとココアケーキ

昨晩、なかなか寝付けない娘の体温を測ったら39℃越えでした。 咳をすると体温も急上昇するので (電子体温計の仕様でそうなってしまうのか) 一時42℃ということも。 鼻詰まりもあり、咳もありで、あまり寝られていない娘です。 私も一晩娘の様子を見ていました。 朝イチで小児科に行ってきました。 この上がりようは、もしやインフル?と思い、 検査をしたところ結果は陰性。まずは良かったです。 娘がかねてからゼリーを食べたがっていたので ルイボスティでゼリーを作ってみました。 あと本日パパが代休を取ったので、 1週間遅れの誕生日ケーキでココアスポンジケーキ。 あんなにゼリーを心待ちにしていた娘なのですが、 出来上がったルイボスティゼリーを一口食べた後 ハチミツを掛けていたパパの真似をしたかったようで 「蜂蜜かけて」 えっ??食べるかなぁ…と疑心暗鬼で ある程度の予想をして少しだけ掛けましたが、 やっぱり案の定でした。 ものすごく苦い顔をして「甘過ぎるよ!!」と。 そしてゼリーの方はもう見向きもせず、 今度はパパ用に作ったココアケーキを食べると言い張り こんな体調不良で食べるんだろうか…と私の一抹の不安をよそに ケーキをバクバクと食べ始めました。 美味しい美味しいとパパと娘で平らげ、 娘はまた布団に戻りました。 まぁ食べて吐き気しなくて良かったです。 明日はもっと良くなっていますように。 さて、ここで問題です。 ゼリーの立場は。

大根飴

娘が先日から風邪をひいています。 鼻水鼻づまり、咳が出ています。 咳はちょっと私的にはナーバスになってしまうところ。 とりあえず小児科に連れて行き、 大根飴を作りました。 大根、大きすぎちゃったかなと思いましたが、 案外すぐ蜂蜜と馴染んだみたいです。 早く治りますように。

幼稚園年少での女子コミュニティについて

写真は昨日娘が作ったブレスレットです。 私のストラップの金具が取れたので直していたら 「○○もやる~!」と自分で色とデザインを選んで作っていました。 —— 娘が友達数人と幼稚園でこんな話をしていたそうです。 Aちゃん「うちのママとパパ、ケンカしていたの」 (聞き役に回る娘と友達) Aちゃん「パパが怒ってね、ママのもしもしを取ってパパのバッグに入れちゃったの!」 娘と友達Bちゃん「えーーーっ!?」 Bちゃん「○○のパパとママもケンカする~。いやだよねぇ」 Aちゃん「うん、いやだぁ!」 Aちゃん「ママはパパが寝た後、パパのバッグからもしもし出してた」 娘が夕飯を食べながらにこやかに こんな話を私に聞かせてくれました。 こうやって夫婦間の喧嘩は、子供の口から不特定多数に広められ、 その親御さんにも筒抜け状態になってしまうのですね。 いやー、恐ろしいです。 同世代の女の子がいるママさん、注意ですよ! 私も心底注意します(.;゚;:益:;゚;.) —— 今朝、幼稚園の登園時間が諸事情で遅れました。 幼稚園ではA君とB君が、もうとっくに着いて大きな積み木で遊んでいました。 (注:A君とB君とは→ 4歳の女子力) 娘をみるなり2人が反応し、B君が 「○○ちゃんおそーい!○○ちゃん、おそいよぉ!こっちきて~!」 と駆け回り始めました。 娘は「遅い」というフレーズに心を害したようでプイッ。 その娘の態度の変化に気付かず、走り回って喜んでいるB君。 先生に「A君とB君はね、いつも居る○○ちゃんが居ないから、どうしたんだろうね~?ってお話していたんだよ。みんな待っていたんだよ♡」 となだめられ「それならしょうがないわね」的な表情でニヤッとする娘。 全くもって、乙女心は複雑です。

独り言

金曜日はパパの誕生日だったのですが、 ものっそい良い感じのジャストタイミングで私が体調を崩していたので、 寝ながらおめでとうとか言いましたが、 特別な事を何らしていない、 ご飯を作るだけの単なる1日で終わりました。 伏臥状態で何を申すかと叱責されても全くその通りでして、 私としても何も言い返せません。 誠に申し訳ございませんでした(反省はしていません)。 —— 話は変わるのですが、 昔テレビで「リング」やっていたのを覚えていますか? そのエンディングを見つけました。 http://www.youtube.com/watch?v=tTvXGLpubWY 旦那は私より年下なのですがしっかり覚えていたようです。 しかし旦那の弟さんは知りませんでした。 私と同じ世代を生きたのは、 下限で旦那くらいということが分かりました。 と同時に、世代の差を感じました。

娘は妖精

ちょっと体調を崩していたんですが、 今日あたりからだいぶ楽になりました。 夕御飯を食べながら娘はこんなことを言っていました。 「お空に居る時は妖精だったの」 「お空でお友達と一緒に色んなお仕事をしていたの」 「小さい時は羽があったけれど大きくなったら羽が取れちゃたの」 「大きくなってパパとママを決めると、羽が取れちゃうの」 「いっぱいの中からパパとママを決める」 「『このパパとママと一緒に住むことにするの』とお友達に行って、ママの所に来たの」 「お空にお友達いっぱいいたから来る時寂しかったけれど、ここでも沢山の友達がいるから寂しくないの」 本当かどうか分からないですが、 小さな娘がもっと小さな頃にあった羽って どんな手触りで、どんな色で、飛んでいる時にどんな音を立てるんだろう? …と考えだしたらキリがない親バカモードでした。

風邪

昨日あたりから皮膚がゾクゾクッとします。 多分風邪なんでしょうが、子供がいると好き勝手寝られません。 寝たいと思う時に寝られず 寝られると思うと アレコレやらないといけない事を思い出すというジレンマ。 皆さんもご自愛ください♪

徹夜明けのパパと娘

昨日夕方前に帰ってきたパパ。 帰ってきたパパを見るなり 「お帰りなさい!お仕事遅かったんだね(プゲラ)」 と温かく迎えてくれる娘でした。 そんな娘。 布団で死んだように寝たパパの近くで 新年にばあばに買って貰ったラブハートアロー(写真参照)を ごそごそと持ちだしては、 疲れきってグースカ寝ているパパめがけ バンバンと打って遊んでいました。 ちなみにこれ結構音大きめなんです。 疲れているせいで、その音でも全く微動だにせず寝続けるパパ。 それでも気にせず打ち続ける娘。それぞれの道を歩んでいます。 何か感慨深くなりました。