愛とは

Saturday, 5 October 2013 at 14:08 UTC+13 ふと思った事。 ——— 「あいをください~」って歌、昔ありましたね。 愛って、いくら相手から与えられていても それをキャッチできる感受性が自分になければ愛を拾いあげられないし 自分への愛がなければ、いくら相手から与えられていても 「んな訳ないでしょう。」と、どこか疑いの目を持ってしまう。 人からの愛を感じられるのは、自分への愛があってこそ。 だけど人はどこかで 自分が(都合よく)感じられるような愛を求めてしまう。 そして傷つくんだよね。 きっと適度な努力でその愛を、 愛してくれる人から感じられるのが 「相性が良い」ということなんだろうな。 ——— 頭にこの歌が流れたので、 何となくこんなことを考えてしまいました。

悟り

今日1つ分かった事があります。 娘は朝の8時に家を出て登園し、保育時間は園庭を駆け回って遊び、降園後も17時くらいまで砂場や滑り台で遊んだり、走り回って遊んだりで、ようやく満足するようです(それでも帰る時、激おこでゴネられましたが)。 今日は付き合ったのですが、その後の私の家事がひどくタイトスケジュールでした。 結論として「娘が納得するまでなんて、そんなに毎日は付き合えない。」 これが分かりました…。