さなのにありがとうランド

娘が勝手に登録しました。 さなのにありがとうランド! しかも微妙に読み方違います。 おかげで色々と想像をめぐらすことが出来ました。 本当にありがとうランド!

娘の不思議なお話

Friday, 22 March 2013 at 01:06 UTC+13 娘の記事を書いたところで、以前の話を思い出しました。 娘をお腹に宿してから出産後まで、何個かの不思議なお話があります。 他の方にお話する度に 「それは覚えておいた方が良いかも」と言われるので、 ちょっと改めて書いてみます。 ——————- 妊娠4ヶ月あたりに、旦那が夢を見たそうです。 「いやあ…小さな女の子に怒られた夢を見たよ。『ママに優しくしてあげて!』ってキッとした顔で言われるんだよね(笑)」 当時は笑い話でしたが、実際生まれたのは娘でした。面倒見のいい娘です。 ——————- 妊娠時に旦那と話し合って、うちは羊水検査を受けました。 直径数ミリの太い針で羊水を抜くのですが、 それは医師の技術力にかかっていて 子宮を映し出すモニターを見ながら、 胎児に触らないように抜くという手作業です。 そしていざ針を刺した瞬間、先生がすごくビックリして刺した針を抜きました。 「うわっ、針の方に近づいてきたよ!!」 また刺し直すと、また近づく、お腹の中の娘。 結局3-4回、太い針でお腹をズブズブと刺されました。 生まれた娘は本当に好奇心の強い子になっています。 ——————- 娘を妊娠する前に一度流産しています。 それは妊娠数週で起こり、 産婦人科医からは軽く「うん。そのまま流れちゃうからそのままで」と言われ、 トイレに入った拍子に流れていってしまいました。 そして娘を授かったのですが、生まれてから1歳になるまで、 娘は私がトイレに行くのを心底怖がり、ギャン泣きもいいところでした。 そのため1歳までは私は外出時は、一度もトイレに行けませんでした。 言葉を少しだけ話せるようになってから 「なんであんなに嫌がったの?」と聞いてみたんです。 そうしたら、娘は少し考えてからこういいました。 「あのね、戻ってきたの」 ——————- 戻って来たという話を娘から聞くことが何度もありました。 「一度来たんだけど…また戻ってきた」とか。 ——————- 娘の出産時、結局破水しませんでした。 具体的には卵膜に包まれたまま頭まで見えました。 (私も卵膜を触りました。水風船のようなハリがありました) どういう事かというと、卵膜に守られながら出てきたので 娘の心拍数が全く下がることはなく、 娘的には、これ以上ないほどに安全に外に出て来れました。 一度流れたから、娘も相当に用心して臨んだんでしょうね…。 ——————- 娘に「お腹の中にいた時に何をしていたの?」と聞くと 決まって1つの答えを出してきます。 「あのね、積み木していたの」 はて。積み木。これがまだ解明していません。…

足がドキッ

娘と久しぶりに近くの児童館に行ってきました。 めちゃくちゃマイペースで、 大勢の人と揃って何かをしようとしても、 娘だけ、娘だけが1人違う事をしている。 そして主張は人一倍の娘(これが時として親泣かせ)。 だけど調子だけは素晴らしく良く、とてもフレンドリーなため、 すぐにその場で友達が出来ます。 今日も仲良くなった友達の真似をして、 館内で靴下をスポーンと脱ぎ捨てました。 …その後、眉をヘの字にして私の所に戻ってきました。 「あのね、寒くて足がドキッとしちゃったの。」 足がドキッ。 そんな使い方、初めて聞きました。 そして靴下を履かせたのですが、数分後また脱いで走り回っていました。 どうやらその後はドキッとはしなかったようです。 足がドキッ。 なんて斬新なんでしょう。

足がドキッ

Thursday, 21 March 2013 at 20:11 UTC+13 娘と久しぶりに近くの児童館に行ってきました。 めちゃくちゃマイペースで、 大勢の人と揃って何かをしようとしても、 娘だけ、娘だけが1人違う事をしている。 そして主張は人一倍の娘(これが時として親泣かせ)。 だけど調子だけは素晴らしく良く、とてもフレンドリーなため、 すぐにその場で友達が出来ます。 今日も仲良くなった友達の真似をして、 館内で靴下をスポーンと脱ぎ捨てました。 …その後、眉をヘの字にして私の所に戻ってきました。 「あのね、寒くて足がドキッとしちゃったの。」 足がドキッ。 そんな使い方、初めて聞きました。 そして靴下を履かせたのですが、数分後また脱いで走り回っていました。 どうやらその後はドキッとはしなかったようです。 足がドキッ。 なんて斬新なんでしょう。

肩の関節炎

肩の関節炎が治りません。 5kgくらいの買い物袋片手に、娘の手を引く日が頻繁にあるものだから、 治らない事この上ないです。 せめて娘が勝手に安全に歩いてくれて、 私も荷物を両手に持てたら良いんだけどな。 先日小児科に連れて行くのに長いこと抱っこしたら更に悪化しました。 子供は親の命を削りながら大きくなります。 そして娘は風のように走り回って、 私が遊ばないものだから不満たらたらです。

パパを半分に切ったら

Saturday, 2 March 2013 at 14:54 UTC+13 ここ数ヶ月、終電続き&休日出勤の旦那。 今日は休みなのですが、気がつくと 旦那は目を閉じながら宇宙とボソボソと対話をしています。 要するに寝不足です。 私が娘に 「今日はパパ疲れちゃってるから休んだ方がいいね」 「○○ちゃん、パパと今日遊べないけれど良いかな」 と言うと、娘は「いやだぁああ」。 その後娘は、3歳の頭で自分なりに考えたようで、 「パパを包丁で切ったらいいね!」。 それを聞いてギョッとして旦那が「パパは切れないよ!!」と言うと 「固いから?」と娘。 パパは固いから包丁で切れないそうです。 知りませんでした。 まあ切れたとして片方寝て貰ったとしても永遠の眠りだよね…。 と2人のやり取りを聞いていたママは思うのでした。